matsuoka
飲食事業チーム
松岡 由崇
Photographer:Yukimasa Uemura(UEMURA STUDIO)

Profile
札幌出身。愛称「松さん」。調理師専門学校を卒業後、イタリアンがやりたくて大手イタリア料理店で勤務。父親の逝去により、一度は調理の現場を離れるも、食を通して人に喜んでもらう事が自分にあうと再認識し、いくつかの店舗の厨房を掛け持ちで働く。フランチャイズ展開の勉強のため契約社員として働いた事もある。沖、高崎との出会いをきっかけに幸せのレシピで働く。
本気すぎる高校生
高校時代に兄が買ってきた本を見てスパゲッティを作ったのが料理をはじめたきっかけです。家族や友達などに料理を食べて喜んでもらえる事が嬉しかった。バレンタインの義理チョコのお返しに本格的にティラミスを作ってひかれた事もありました(笑)。
料理を通したコミュニケーション
飲食の仕事は忙しく、父親が亡くなった時もすぐには駆けつけられず、そんな料理の世界に居続けるのが良いのか迷った事もあります。1 年くらい他の仕事も経験しました。でも結局は料理を作って喜んでもらうのが自分にあっているなと感じて飲食の世界に戻ってきました。
今は休日に自宅で料理会を開くようになりました。最初は少人数だったんですが徐々に参加者が増えてきていて…。
幸せのレシピの「松スパ」
他のお店に勤務していた時に沖さんや高崎さんと出会いました。タイミングがあわずに幸せのレシピで働くことを断った事もありました。今は、沖さんが安心して外の活動を行えるように任された場所をしっかり守りたいです。訪れてくれるお客様と料理を通してのコミュニケーション、厨房内のコミュニケーション両方を楽しんでいきたいと思います。最近は「松スパ(松岡のスパゲッティー)」といって料理のテイストを任せてくれるお客様が増えました。ピザやパスタが得意なので、突然の要望でも楽しんで作れています。